九段神保町整骨院

九段神保町整骨院は、東京都、千代田区内で数少ない、頭痛に特化した整体施術を行う整骨院です。

九段下駅、神保町駅より 徒歩3分

東京都千代田区神田神保町3-11-1   

電話番号  03-3221-5699

住所は東京都千代田区で頭痛専門です。

受付時間

火~金曜日 10:00-20:00

土曜日   10:00-17:00

 住所は東京都千代田区で頭痛専門です。

休診日  日曜日・月曜日・祝祭日

住所は東京都千代田区で頭痛専門です。

頭痛について

頭痛について

頭痛はどこがいたいのでしょうか?答えは「頭の血管」と「頭周りの筋肉」です。脳が痛んでいるように感じますが、本来、脳細胞そのものは針でつついても痛みを感じることはありません。普段経験する頭痛の多くは、頭の血管が拡張したり、筋肉が緊張することによって起こると考えられています。

普段経験する頭痛には3つのタイプがあります。緊張型頭痛、片頭痛、群発型頭痛です。

頭痛の種類は、この3つを含めて、その起こり方などで分類すると、国際分類では150種類以上あると言われています。これをもう少しおおまかに分けてみますと、以下の通りになります。

緊張性頭痛

頭部を圧迫されるような、重く感じる痛みがあります。わりとだらだらと続くことがあります。肩こりを伴うことが多いです。

片頭痛

最も代表的な頭痛です。ズキンズキンと脈を打つような痛みが特徴的です。めまいや嘔吐を伴うこともあります。前側頭部の片側に痛みがあることが多いです。女性によくみられます。

群発頭痛

中年男性に多く見られ、片目のあたりがえぐられるような激痛があります。頭痛の持続時間は30~60分と短く、一度発症すると1~2ヵ月ほどの間、頻発します。

病気を伴わない、寒冷、運動などに伴う頭痛

冷たいものを食べた時やメガネなどで頭を圧迫したときに起こるような頭痛です。激しい運動に伴う頭痛なども含まれます。

頭部外傷に伴う頭痛

頭を強く打ったり、むちうち症のあとに起こる頭痛です。頭部打撲の場合は、最初は正常でも時間がたつにつれて頭痛や嘔吐が起こることがあり、頭の中で出血している可能性があります。

脳血管障害に伴う頭痛

くも膜下出血などによる頭痛です。くも膜とは、脳を包んでいる薄い膜のことです。脳の表面への出血だと考えるといいです。突然“バットで殴られたような”激痛で始まることが多いです。ただし、出血が少ないと軽く済んでしまいますが、再破裂すると致命的なので突然の頭痛には要注意。

脳血管障害以外の頭蓋内疾患による頭痛

脳腫瘍や髄膜炎などに伴う頭痛です。脳腫瘍の特徴は、頭痛・嘔吐・うっ血乳頭(眼の底のむくみ)です。髄膜炎は風邪から引き起こりやすく、発熱を伴います。

原因物質あるいはその離脱に伴う頭痛

頭痛を起こす原因物質には、アルコール、亜硝酸塩、グルタミン酸、一酸化炭素、カフェインなどがあります。これらの物質を摂取したり、離脱するとき(二日酔いなど)に頭痛が起こります。

頭部以外の感染症に伴う頭痛

かぜや細菌感染症に伴う頭痛です。外敵から身を守るための信号として、発熱や頭痛が起こるものなので、「身体を休める」メッセージとしてとらえます。

代謝障害に伴う頭痛

人ごみや高山などで酸素が不足したときなどに起こる頭痛です。酸素を確保しようとして、血管が拡張するため、頭痛が起きます。睡眠時無呼吸症候群(寝ているときに息が止まる病気)でも、頭痛が起こることがあります。

眼・耳・鼻・口腔疾患による頭痛

眼精疲労、遠視、乱視、副鼻腔疾患、顎関節症などに伴って顔面や頭に痛みが発症します。

頭部の神経痛

頭にある神経の痛みに伴う頭痛です。とくに、頭の後ろにある後頭神経が締めつけられたり痛めつけられたりして起こることが多いが、その原因は緊張型頭痛からくることもあります。

分類できない頭痛

片頭痛

片頭痛の特徴

 

頭の内側から痛みがある感覚です

ズキズキした拍動性の痛み

発作的に起こり、生活に支障が出るほど激しく痛むこともあります。

体を動かすことで頭痛が悪化します

光や音、においに敏感になる場合もあります

たいていは月に1~2回。多い方で週に1~2回くらいの頻度で発症します

長くても2~3日(72時間以内)で落ち着くことが多い

一般に20代~50代の女性に多く見られ、60歳以上で軽くなります。4~5歳で発症することもあります。

4割の方は頭の片側に。残り6割の方は頭の両側の痛みを感じます。

遺伝要素があり、血縁者に同じような頭痛持ちがいることがあります。

片頭痛のメカニズム

片頭痛が起こるメカニズムは、はっきりと分かっているわけではありません。しかし、血管が関係して頭痛が起こっている(血管性頭痛という)という説が有力です。

それには、血管そのものに原因があるという「セロトニン説」と、血管に指令を出している神経が原因であるとする「神経血管説」の2つの説があります。

以前は、セロトニン説が多く支持されていましたが、現在は、神経血管説が有力になっています。

セロトニン説

ストレスなどの原因で、血液中の血小板から多量のセロトニンと呼ばれる物質が放出されると、一時的に血管が収縮します。これが片頭痛の前兆を引き起こします。

さらに、血管収縮を引き起こしたセロトニンが減少していくと、逆に血管の緊張が解けて血管拡張が起こります。そして、拡張した部分は血管を引っ張るため、痛みが生じる、という説です。心臓が鼓動するたびに血管の中の血圧が上下するため、脈と一致した痛みが起こるというものです

神経血管説

ストレスなどの原因で、大脳皮質の一部における神経活動が低下する。結果、皮質拡延性抑制の発生が三叉神経を刺激して、血管拡張を引き起こす、という説です。

片頭痛の前駆症状

片頭痛には、なんの前ぶれもなく起こるものと、なにか前兆があるものとがあります。片頭痛患者のうち、約80%はなんらかの前ぶれ(前駆症状という)を感じているみたいです。例えば、

首筋や肩のこり

生あくび、めまい、眠気

閃輝暗点(せんきあんてん。目の前がまぶしくなったり星のようなものがちかちかと飛んでいるように見える現象)

など。これ以外にも「それとなく分かる」と言う人も多いそうです。前ぶれは、せいぜい30~60分ほど続いて片頭痛へと変わっていきます。

片頭痛の原因

片頭痛の原因として考えられるものは下記の通りです。

アレルギー反応

明るい光、騒音、ある種の香水の匂い

身体的あるいは精神的なストレス

睡眠パターンの変化

喫煙あるいは副流煙の吸入

食事を抜くこと

酒類の摂取

月経周期の変動、経口避妊薬の服用、更年期移行中のホルモン変動

緊張性頭痛

チラミンを含む食品~赤ワイン、熟成チーズ、チョコレート、漬け物類、発酵食品、薫製魚、トリの肝臓、イチジク、豆の一部など

グルタミン酸ナトリウム(MSG)を含む食品~肉類、発酵食品など。原材料名ではうまみ調味料(近年では「アミノ酸等」と表示されている。)、発酵調味料、タンパク加水分解物など

硝酸塩を含む食品:ハム、ベーコン、ホットドッグ、サラミなど

その他の食品:ナッツ類、ピーナッツバター、アボカド、バナナ、シトラス、ニンニク、乳製品、コーヒー

片頭痛の治療法

 

片頭痛の治療法は、薬物療法がメインとなってしまいます。

しかし、食物療法日記をつけることにより、片頭痛の誘発因子となっている食べ物をさけることで、軽減を図れる場合があります。

薬草療法では、ナツシロギク(フェーバーフュー)の主成分であるパルテノライドは、セロトニン抑制効果があると分かっています。

サプリメントでも、エビデンスははっきりしないですが、血管を収縮させる痛み物質の働きを弱め、 血管を広げる働きがある成分を取ると、片頭痛が減ったという経験談があります。

頭痛薬で対処して頂くのは、日常生活に負担を減らすためにも重要だと思います。その中で、上記のような方法を探ることが、片頭痛から抜け出すために大切だと思います。

薬物療法

薬物療法に関しても少し述べさせて頂きます。

現状は、トリプタン製剤が片頭痛発作時の第一選択となっています。研究段階ではありますが、トリプタン製剤と非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDS)の混合薬がトリプタン製剤より効果的で副作用が抑えられると期待されています。また、最近になって、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)が片頭痛に伴って起こる痛みの発生の一因となっていることから、オルセゲパントやテルカゲパントなどのカルシトニン遺伝子関連ペプチド受容体拮抗薬が、片頭痛治療薬として試験管内や臨床研究の場において詳細に調べられています。

ただし、薬につきましては、体質・リスク・副作用をふまえて考慮する必要があります。

来院される際のご注意

来院される際のご注意

片頭痛の発作が出ている日は、来院日を変更して頂いたほうが良いです。整体で血流が良くなると、その日は更に頭痛が悪化することがあります。

片頭痛は長くても3日程度で鎮まります。予約当日でも気になさらずに日時の変更をお伝え下さい。

緊張性頭痛

片頭痛が「血管性頭痛」であるのに対し、緊張性頭痛は「筋収縮性頭痛」とも言われますように、 首筋から頭部にかけてある筋肉が、なんらかの原因で緊張する(つまり"こり")ことが原因で起こります。

緊張性頭痛の特徴

緊張性頭痛の場合は、ズキンズキンという脈を打つような痛みはありません。その代わり、圧迫感のような痛みを感じます。よく、「孫悟空の金輪をはめられているカンジ」と例える人もいます。頭をぎゅーと締めつけられているような痛みです。

ほとんどの場合、肩こりや首の筋のこりを伴っています。

頭痛の持続時間は比較的長いです。

頭の両側に起こりやすいです。

めまいや身体のだるさを伴うこともあります。

片頭痛で見られるような嘔吐、目の前がチカチカする、などの症状は見られません。

精神的・肉体的ストレスが大きく関係しています。

パソコンをよく使うなどによる眼精疲労でも起こります。

片頭痛に比べ、年齢が高くなってから起こりやすいです

緊張性頭痛の原因

緊張性頭痛の原因は下記に記載させて頂きました。

ストレス~通常は長期間のストレス。フル勤務後の午後時間帯や、試験後など

睡眠不足

不自由なストレスフル姿勢や、悪い姿勢

不規則な食事の時間 (空腹)

目の疲れ

カフェインの離脱症状

脱水

緊張性頭痛の原因は、頭、首の筋緊張という説もありますが、脳幹にある痛みのフィルターの誤動作によって頭痛が発生するという説もあります。 これは、脳が情報を間違って解釈しているもので、頭、首の筋肉の信号を痛みとして解釈しているものです。神経伝達物質の1つであるセロトニンが関与しているとみられています。

緊張性頭痛の治療・予防法

緊張型頭痛は悪循環に陥りやすいです。肩が凝ってきますと頭痛が起こり、そのせいで首をあまり動かさないため、ますます筋肉の血行不良になり、首の筋力も弱まります。すると、余計に筋肉が疲労を起こしやすくなり、頭痛を招くことになります。

この悪循環を断ち切るためには、"こり"をうまく解消することがカギを握っています。

“こり”を解消する方法

マッサージ、入浴などで血行を良くします。

蒸しタオルで痛いところを温めます。このとき、冷たい湿布は血管を収縮させてしまうため、逆効果になります。

頭痛体操をします。 

ツボを押す。

目が疲れてきたら、遠くを見つめて休憩します。

緊張性頭痛の薬物療法

薬物療法としましては、市販薬の鎮痛剤であるアセトアミノフェン、アスプリン、イブプロフェンを処方することが多いです。

ただし、薬につきましては、体質・リスク・副作用をふまえて考慮する必要があります。

群発頭痛

群発頭痛とは?

群発頭痛は、強烈な痛みを生じる頭痛発作を特徴とする、一次性頭痛のひとつです。痛みの特徴としては一側性で眼窩部を中心とする激痛が、一定期間に集中して発生することにあります。

睡眠中に発作が来ると激痛で目が覚めるため、睡眠に恐怖を感じるケースも多いといいます。お産よりも痛いとされ、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされます。

群発頭痛の特徴

いったん起こると1~2ヵ月の間、続く。1~2年に1回の割合で出現します。

1回の痛みが1~2時間、1日に1~数回続きます。

片頭痛が女性に多いのに対し、20~30歳代の男性に多いタイプの頭痛である(男性の発生率は女性の5倍とも言われています。

たいていは決まった側が痛みます。

じっとしていられない、転げまわるような痛さを感じます。

涙や鼻汁が出たり、顔に汗をかいたりしますが、痛みのある側にだけ出ることが多いです。

群発頭痛が発生している期間は、アルコール飲料、ニトログリセリン、ヒスタミンで群発頭痛が誘発されます。

群発頭痛の発生原因

群発頭痛は、視床下部の機能異常が関与していると考えられています。

また、群発頭痛患者の発作期には、頸静脈血中のCGRPおよびVIP、髄液中の一酸化窒素の代謝産物が上昇していることが報告され、三叉神経血管系におけるニューロペプチドの変化が群発頭痛で起きていると考えられています。そのため、国際頭痛分類では、三叉神経・自律神経性頭痛に分類されています。

群発頭痛の治療法

予防治療

一般的にはベラパミル(240~360mg)、炭酸リチウム(600~900mg)、バルプロ酸(400~600mg)、トピラマート(75mg)、ステロイド(PSL60~100mgを5日間1日1回投与後10mg/日ずつ減量)などが知られています。

群発頭痛発生時の治療

スマトリプタン皮下注射、酸素吸入を行うことが多いです。スマトリプタン皮下注射は、投与10分程で効果が発現します。酸素吸入は、純酸素7~8Lを15分ほどで効果が出る場合が多いです。

来院される際のご注意

来院される際のご注意

群発頭痛の発作が出ている日は、来院日を変更して頂いたほうが良いです。整体で血流が良くなると、その日は更に頭痛が悪化することがあります。予約当日でも気になさらずに日時の変更をお伝え下さい。

住所は東京都千代田区で頭痛専門です。港区、中央区、文京区、新宿区、台東区、東西線沿線、半蔵門線沿線、都営新宿線沿線、都営三田線沿線から来院されています。

九段下駅、神保町駅より

徒歩3分

 東京都千代田区神田神保町3-11-1

電話番号

03-3221-5699

 

受付時間

火曜日~金曜日

10:00-20:00

土曜日

10:00-17:00

 

休診日

日曜日・月曜日・祝祭日